男性ホルモンのテストステロンを増やし不調を改善

女性の更年期障害は多くの人が認識する時代になりましたが、男性の更年期障害の認識は女性に比べて少し遅れていました。

しかし、最近では、男性も年齢と共に女性の更年期症状と同じような不調に悩まされていることがクローズアップされるようになりました。

男性更年期障害

男性更年期障害のことを、LOH症候群(加齢男性性腺機能低下)と言い、男性ホルモンであるテストステロンの減少で色々な不調が起こります。

若い男性の場合はストレスから、40代以降は老化が主な原因です。

男性ホルモンが減少すると、女性の更年期障害と同様、動脈硬化、骨がもろくなる、うつ病などになりやすくなります。

男性更年期障害の主な症状
肉体面 筋力低下、関節痛、睡眠障害、記憶力低下、集中力低下、発汗など
精神面 やる気の減退、不安、イライラ、気落ち、疲労感、うつ、神経過敏など
性機能 勃起不全、性欲低下、射精感の喪失、オーガズムの低下など

男性ホルモンは、長寿のカギを握るホルモンともいわれ、テストステロンが多いと、心筋梗塞のリスクが5割減り、がんのリスクも3割減るそうです。

女性が長生きするのは、女性ホルモンであるエストロゲンが減少し閉経した後、テストステロンが増えると言うのも関係しているようです。

では、長寿のカギを握るテストステロンを増やすにはどうしたらよいでしょうか。

男性ホルモンを増やす方法
気持ち 男性ホルモンの量は、日々変化して上がったり下がったりしています。
ワクワクした気持ちや高揚感、達成感を感じるとテストステロンが上昇し、逆に落ち込んだりストレスを感じるとテストステロンが減少。
食事 テストステロンを上げてくれる食材は、ネギ、タマネギ、ニンニクなどのネギの仲間。含硫アミノ酸がテストステロンの生産を活性化。
玉ねぎやニンニクなど、必要な量を毎日食べ続ける。

玉ねぎ 勃起

生活 質の良い睡眠を取ることで、ホルモンが復活します。
医療 男性ホルモンが少ないと、加齢男性の「性腺機能低下症候群」になり女性の更年期障害と同じように動脈硬化、骨折、うつ病になりやすくなります。ホルモン補充療法を行います。

玉ねぎやニンニクに含まれる「含硫アミノ酸」の効果を期待するには、玉ねぎなら毎日1個食べ続けます。また、肉や魚、大豆などのたんぱく質を同時に摂るとより効果が上がります。

勃起不全サプリメント精力増強サプリメント
サブコンテンツ

このページの先頭へ