60代で立たないのは改善の余地あり 80代男性に習う

60代は・・・
セックスをあきらめてしまうのか?続行できるのか?
最期の運命の分かれ道かと思います。

立つか立たないか分かれ道

●もう一生セックスはしないのか
●80代でも現役でいられるのか

最後の選択を迫られているように感じます。

と言うのは、60代はコレステロールや中性脂肪、血圧、血糖値、クレアチニン値などの異常がますます加速し、長年投薬治療を行っている人が多くなるからです。

その上、筋力や体力などが落ちてくると、ますます自信がなくなりますね。しかし、60代で諦めるのはまだ早いと思います。

80歳で現役のAV男優もいる時代、彼は50代で心臓疾患もあったそうですが、玉ねぎ納豆などを継続することで、今でも現役のAVが続けられているそうです。(個人の体質にもよるものもあります)

年齢や体力、病気に負けるのか・・

どんな病気も血管のしなやかさと血液の流れが大きなカギを握っています。

血管が硬くなり、血液がドロドロでは、身体に酸素や栄養が行きわたらず、立つものも立ちません。

それには、まず、血液と血管から見直す必要があります。

血管に良いとされる代表的な食品は・・
◇玉ねぎ
◇青魚
◇納豆

です。

玉ねぎは、男性ホルモンのテストステロンを増やす効果のある「含硫アミノ酸」と血液をサラサラにする「ケルセチン」が多く含まれています。

含硫アミノ酸の濃縮エキスを4週間マウスに与えた実験を行ったところ、濃縮エキスを与えないマウスに比べて総テストステロンの値は2倍以上になったと言う結果があります。

これは、ニンニクでも同じように2倍の効果があったそうです。

青魚には、血液をサラサラにする不飽和脂肪酸EPA・DHAが豊富に含まれています。イワシなら毎日2尾食べると良いそうです。

納豆には、出来てしまった血栓を溶かす働きのあるナットウキナーゼが含まれています。

健康番組の医師たちは、これらの成分を食べ続けることで、血管性のEDには効果が期待されると言います。

現に、高齢にもかかわらず現役でいる男性は、食事と運動に気を使っている人が多いです。

高濃度に摂取するには、ギュッと凝縮されたサプリメントがあります。

自分の食生活に何が足りないか?を見極めて、足りない食品を補うと良いですね。

それぞれの症状に特化した厳選したサプリメントはこれです
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

勃起不全サプリメント精力増強サプリメント
サブコンテンツ

このページの先頭へ