心臓病はBMIではなく胴回りサイズと関係している BMI神話に異議

心臓病になるリスクは、高血圧、高脂血症、喫煙、糖尿病などがありますが、それらの元凶にもなっているのが肥満です。

肥満に関しては、身長と体重から計算されるBMIが、一つの目安とされてきました。

最近は、体重計にも標準でBMI値が表示されるものも多くなってきましたね。

BMIは、ボディマス指数といいで、体重と身長から算出される肥満度を表す体格指数をいいます。

BMI=体重(kg)÷(身長m×身長m)・・体重を身長の2乗で割る

BMIは、ベルギーの数学者、統計学者で社会学者であるアドルフ・ケトレー氏が、1835年に提唱したそうですから、もう200年近く前になるんですね。

BMIが高いと、糖尿病、高血圧、動脈硬化となり、脳疾患や心疾患など、命に関わる病気が次々と発症し平均余命に大きく影響すると言われてきました。

●日本でのBMI基準
・標準  18.5~25
・肥満1 25以上
・肥満2 30以上
・肥満3 35以上
・肥満4 40以上

体重とBMIをチェックしながら、日々格闘されている方も多いのではないでしょうか。

死亡リスクはBMIより胴回りサイズ

しかし、そんなBMI神話に異議を唱えるレポートが発表されました。

発表したのは、米メリーランド(Maryland)州の米ジョンズ・ホプキンス大学の研究チームです。

彼らの研究によると、将来心臓病になるリスクは、BMI値より胴回りサイズのほうが有効な指数になるとか・・。

胴回り

つまり体重より、お腹周りの脂肪が危ないということです。

確かに、体重と身長から割り出した数値は正確ではない気がします。

単純に体重と身長だけで計算される指数なら、体が筋肉質でがっちりした70kgの人と、運動しない脂肪体質の70kgの人のリスクが同じことになってしまいます。

米ジョンズ・ホプキンス大学の研究チームは、胴回りサイズの大きい人は、酸素を脳に送り出す心臓の左心室に異常が多いことを突き止めたそうです。

その結果、心臓病になるリスクも高くなるということになります。つまり、体重から算出されるBMIより腹囲サイズの方が重要ということのようです。

日本のメタボ検診での腹囲

日本でも、メタボ検診の基準として腹囲測定がありますよね。ちなみに、男性85cm、女性90cm以上は、メタボと診断されます。

しかし、この腹囲だけの判断もおかしいという指摘があります。身長の高さで腹囲のサイズの意味あいも大きく変わってくるからです。

身長180cm、腹囲90cmの人と、身長160cmの人腹囲90cmでは、まるっきり違いますもんね。

最近のメタボ検診では、身長を考慮した、新しい指数としてメタボ指数が用いられているようです。

メタボ指数=腹囲÷身長  計算結果が0.5以上の人は注意しなければなりません。

中高年になると、とにかくお腹まわりに肉がついてきます。隠れ肥満、内臓脂肪型肥満などもありますので、
毎日の摂取カロリー数をしっかり管理して、健康維持につなげたいですね。

勃起不全サプリメント精力増強サプリメント
サブコンテンツ

このページの先頭へ