セックス中の考え事で中落ち・中折れは老化による勃起不全

セックスの最中に、他のことを考えると萎えてしまったり、コンドームを開けている間に萎えてしまったり、と「中落ち」の経験が増えてくるのは、年齢からくる勃起不全(ED)の可能性があります。

セックスの途中で中落ち

また、勃起しても女性を愛撫しているうちに萎えてきてしまったり、いざ挿入と言うときに萎えたりと、最後までうまくいかないケースも増えてきます。

最悪の場合、まったく性に対して興味がなくなることすらあります。どんなに良い女性を見ても、アダルトビデオを見ても何も感じなくなり興奮することがなくなります。

これは、50代、60代になると誰でも起こりうる現象です。

こうなると、もうあきらめることしかないのでしょうか?

男性の性は、男性ホルモンのテストステロンや、動脈硬化などの血管障害、副交感神経を優位にする癒しホルモンが握っています。

リストマーク赤テストステロン

年齢と共に低下する男性ホルモン「テストステロン」

年齢とともに減少し、女性の更年期障害と同じような症状が起こります。血液検査により、テストステロンが基準値に満たない場合は、ホルモン補充療法を行うか、テストステロンを上げる食品やサプリメントを積極的に摂ります。

テストステロンを増やすサプリメント

リストマーク赤動脈硬化

糖尿病や高血圧、高脂血症などの疾病は、そのほとんどが「血管がカギ」を握っています。血管をしなやかにし、血液サラサラになる食事やサプリメントで改善をはかります。

血液サラサラ・動脈硬化を予防改善するサプリメント

リストマーク赤副交感神経を優位にする

勃起は、とても繊細な状況で起こります。副交感神経が優位に立ち、リラックスした状態でないと立ちません。

若いころは、女性の裸を想像しただけで勃起しても、年齢を重ねると、常に下半身に集中させていないと勃起しないと言う状況になります。

リラックスできない原因は、仕事のストレスや家庭での揉め事、健康への自信喪失など人によって様々ですが、相手の女性にも要因があることがあります。

あの女性ならOKでも妻ならダメ。妻ならOKでもあの女性ではダメ、などがそうです。

この場合、挿入することが全てと思わず、肌を重ね合わせることも重要だと思い、素直にすべてを話し、受け止めてもらうことが大切かと思います。

「中落ちや中折れ」は、上記の3つのことが複雑に絡まって起こります。

食事も男性ホルモンも問題がないと言う人は、心の問題かもしれません。自分の生活を見直すと今まで分からなかったことが見えてくるかもしれません。

血管が老化している人は、見た目も老化していると言いますし、もちろんEDにもなりやすいです。最近老けたな~と感じる人は、生活を見直すとまだまだ改善の余地があります。

勃起不全サプリメント精力増強サプリメント
サブコンテンツ

このページの先頭へ