玉ねぎの皮茶の作り方 ポリフェノールは玉ねぎの30倍

血液サラサラ効果と言えば、「玉ねぎ」ですよね。

玉ねぎには・・

  • 血液をサラサラにする働きのある「シクロアリイン」
  • 老化を防ぐ抗酸化作用の「ケルセチン」
  • テストステロン(男性ホルモン)を増やす働きのある「含硫アミノ酸」
  • と言う成分が豊富です。

    その玉ねぎのなんと30倍ものポリフェノールを含む食品があります。

    それは、なんと普段なら捨ててしまう部分「玉ねぎの皮」です!

    野菜に含まれるポリフェノールの含有量を見てみると・・

    野菜の含まれるポリフェノール含有量

    ポリフェノールは玉ねぎの皮に大量に含まれ、含有量は玉ねぎの30倍です。

    これは、捨ててはもったいないですね。

    そこで、血液サラサラのスペシャリスト板倉弘重先生がバイキングで教えてくれた玉ねぎの皮を利用したレシピをご紹介します。

    玉ねぎの皮茶の作り方

    ①残った玉ねぎの皮3個分を用意します。
    ②皮を水洗いします。
    ③水洗いの後500ccの水と一緒に鍋に入れる
    ④弱火で5分ほど煮込みます

    煮込んだ液体は、結構濃い茶色になります。

    日本の場合、玉ねぎはある程度皮をむいて出荷されています。

    気になる方は、一番外側だけ捨てるか、無農薬の玉ねぎを選びと良いですね。

    あまり美味しいものではありませんが、体にはとても良い「玉ねぎの皮茶」。

    ぜひ、お試しくださいね。

    でも、玉ねぎの皮を大量に用意すると言うことは、玉ねぎをそれだけ消費しなければいけません。

    お茶を作るのも面倒と言う人には、「玉ねぎの力」と言うハウス食品が開発したサプリメントがあります。

    天然効果(R)タマネギの力

    これなら、玉ねぎの皮茶を作らなくても簡単にその効果が得られますね。

    勃起不全サプリメント精力増強サプリメント
    サブコンテンツ

    このページの先頭へ