脳梗塞と心筋梗塞の10年以内の発症リスクを計算できるサイト

心臓と脳に関わる病気は、命に直結するだけに、一刻も早い対応が求められます。

「自分は大丈夫だろか・・」50代を過ぎると、頭のどこかにいつも心配な気持ちが残っていますよね。

毎年、健康診断を受けていますが、個別の数値判定はわかるのですが、実際、この先病気にどう関係しているのか、今ひとつピンときませんよね。

そこで心配な方におすすめサイトがあります。それは、藤田保健衛生大学の「10年以内の発症確率 チェックサイト」です。

自分の年齢と、健康診断の血液のデータを入力すれば、10年以内に心筋梗塞、脳梗塞の発症リスクを%で表示してくれます。

このシステムは、日本人15,672人を16年間追跡したデータを用いて、その後の10年間に心筋梗塞と脳梗塞を発症する確率を予測できるようにしたものだそうです。

リスク計算のできる対象は、40歳~69歳の男女となっています。

自分のデータを入れて計算した結果

私は、喫煙毎日30本、お酒、ウイスキーストレート4杯という生活を20年以上続けていて、10年前に吐血し、タバコ、お酒を止めた経歴があります。^^;

それに加えて、家族性の高脂血症で、現在、抗コレステロール抑制剤と悪玉コレステロールを抑える薬を飲んで、なんとか正常値の範囲に抑えています。

心筋梗塞脳梗塞発症リスク診断
「藤田保健衛生大学」10年以内の発症確率 チェックサイト

私の現在のデーターを入れてみると
・心筋梗塞を発症するリスク  1.3%
・脳梗塞を発症する確率   3.0 % 

という結果でした。

これは、「同じデータの人100人がいた場合、10年以内に心筋梗塞をおこす人が1.3人、脳梗塞を発症する人が3.0人いる」という意味だそうです。5%を超えると要注意だそうですので、結構良い数字なのかもしれません。

ちなみに、2年前に血液の状態が悪いときのデータを入れてみました。

・収縮期血圧 (mmHg)  127
・拡張期血圧 (mmHg)  75
・糖尿病の治療  していない
・血糖値 (mg/dl)  90 空腹時
・現在の喫煙習慣 なし
・HDLコレステロール (mg/dl) 40.1
・LDLコレステロール (mg/dl) 161
・中性脂肪[トリグリセライド](mg/dl) 247

悪玉コレステロール(LDL)の数値、中性脂肪の数値がかなり悪い状態です。

その結果は、
・心筋梗塞を発症するリスク   3.2%
・脳梗塞を発症する確率    2.9 %

心筋梗塞脳梗塞発症確率の結果

となっており、心筋梗塞をおこす確率が2.46倍高い数字にになっていました。

脳梗塞をおこす確率が0.1低くなっていたのは、年齢が2歳若く設定して計算したもののようです。

いずれにしても、このように危険リスクが数値として表示されると、健康管理がしやすくなりますよね。

不摂生をしている人の中には、危険リスク30%という数値がでる人もいるようです。

つまり3人のうち1人が10年以内に脳か心臓の病気で倒れるということですから、「非常にマズイ」状態です。

心配な方で、ぜひ一度リスク計算してみてください。

資料参考
「藤田保健衛生大学」(心筋梗塞・脳梗塞)
10年以内の発症確率 チェックサイト
ホームページ:http://www.fujita-hu.ac.jp/~deppub/risk.html

国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター
http://epi.ncc.go.jp/jphc/index.html

勃起不全サプリメント精力増強サプリメント
サブコンテンツ

このページの先頭へ