コーヒーの効能 心臓の収縮力を高めることによる強心作用

最近、コーヒーそのものが見直され、純喫茶がまた見直されているようです。

コーヒーの効能

コーヒーが見直されているのは、スターバックスやタリーズなどオシャレなコーヒーショップが人気なだけでなく、病気になりにくくなり、死亡率が下がることが分かったからです。

コーヒーの効能

  • 平滑筋を弛緩させることによって気管支喘息や狭心症の改善に作用する
  • 中枢神経に作用して呼吸機能や運動機能を高める
  • 心臓の収縮力を高めることによる強心作用=低血圧を一時的に改善する
  • 腎臓に作用して利尿効果を促進すると共にアセトアルデヒド(二日酔いの原因)の排泄を促進する
  • 胃液分泌を促進し消化を助ける
  • 脳内の血流を良くすることによって脳血管性の偏頭痛を静める
  • ボケやパーキンソン病の予防効果

など他にもいろいろあげられます。

また死亡率に関しても、国立がん研究センターや東京大などの研究チームが行った全国の40歳から69歳の男女、およそ9万人を2011年まで対象に行った19年間の追跡調査で、コーヒーや緑茶を毎日飲んでいる人は飲んでない人よりも病気で亡くなるリスクが低下することが分かったそうです。

具体的にはコーヒーを飲む量が多いほど死亡の危険性は減り、「1日3~4杯」と答えた人は狭心症や心筋梗塞などの心臓病で死ぬ危険性が「ほとんど飲まない」と答えた人に比べて36%も低下していたとのこと。

さらに脳内出血や脳梗塞などの脳血管病は43%、肺炎などの呼吸器病は40%も低くなっているそうです。

ただし、コーヒーを5杯以上も飲む人の場合は数が少なく、どの程度の効果があるのかは分かっていないとのことです。

以前は不眠症などのデメリットを言われていたコーヒーも、時代が変わるとメリットが強調されてくるんですね。

メリット、デメリット両面の効果がありますので、それなりに気をつけて飲みたいものです

勃起不全サプリメント精力増強サプリメント
サブコンテンツ

このページの先頭へ