動脈硬化を抑制し老化を防ぐ「うち豆」の作り方 美肌効果も期待

うち豆ってご存知ですか?

うち豆は、生の大豆を平たく叩いた物です。

大豆は、老化を防ぐ物質「ポリフェノール」をたくさん含んでいますが、大豆の水煮に比べてうち豆にした水煮は、約3倍のポリフェノールを含んでいます。

うち豆

大豆で作られる有名な食品には、「豆腐」がありますが、この豆腐は、栄養豊富な部分を取り除いたものです。

豆腐を作るときに取り除く部分は、「おから」になります。

うち豆であれば、おからになる部分も一緒に食べることになるので、豆腐よりポリフェノールを多く摂ることができます。

うち豆の作り方

大豆を2時間、水に浸けて柔らかくします。
柔らかくなった大豆をハンマーなどで叩いて1粒ずつ潰します。

そのまま味噌汁などに入れていただきます。うち豆のスゴイところは、汁に大豆のポリフェノールがたっぷりと染み出ること。

ポリフェノールは、身体の老化を防ぐ抗酸化作用のある物質です。

ポリフェノールの抗酸化作用で、
・体の老化防止
・動脈硬化を抑制
・美肌をキープ
が期待できます。

大豆には、「黄豆」、「赤豆」、「青豆」、「黒豆」と4種類あります。

私たちが良く目にするのは、「黄豆」ですが、4つの中で一番ポリフェノールが多いのが「黒豆」です。

うち豆キャラメルチキンの作り方 レシピ

材料: うち豆50g、鶏もも肉300g、キャラメル4個(2og)、醤油 大さじ2、水1カップ

①鶏もも肉を1口大に切り、うち豆と一緒に鍋に入れます
②そこにキャラメル4個を入れます
③醤油と水をいれ、落し蓋をして約10分煮ます

富山県では、うち豆を食べる習慣があり、どこのスーパーでも売っているそうです。

関東では、小さなスーパーでは手に入らないかもしれませんね。

そんな時は、インターネットなどで買うと便利です。

動脈硬化や肌荒れが気になる方は、うち豆のお味噌汁がおススメです。

勃起不全サプリメント精力増強サプリメント
サブコンテンツ

このページの先頭へ