50代の男性更年期障害による勃起不全を改善したい

勃起不全などの男性の不調は血管に何らかの問題がある人に多い

dansei-konenki

老いは、40代から少しずつやってきます。40代からこんなことを感じ始めていませんか?

・なんとなくだるい
・朝起きても疲れがとれない
・ぐっすり眠れない
・何事にも興味が湧かない
・新しいことに挑戦するのが億劫
・食欲が出ない
・活力がわいてこない
・おしっこが近くなった
・勃起しない
・性に興味がなくなる

また、50代から老いを感じ、60代になると、はっきりと老いを自覚する人が増えてきます。色々な疾病が噴き出すのも、50代から。

・悪玉コレステロール値が高い
・中性脂肪が高い
・高血圧
・動脈硬化が進み脳梗塞や心筋梗塞の危険が高い
・肥満度(BMI値)が高い(メタボリックシンドローム)
・肝機能が低下している
・腎機能が低下している(クレアチニン値が高い)
・血糖値が高い

このような検査結果が、50代から急速に増えます。

性的な衰えを感じ不安に思いながら、仕事や家族サービスに頑張っている人もいるのではないでしょうか。

だましだまし頑張ってきても、60代になってしまったらセックスなんてできないのでしょうか?

コレステロールが沈着した血管

いいえ!そんなことはありません。それは「血管」「カギ」を握っています。

コレステロールが沈着し硬くなった血管をしなやかに若返らせ、全身の血流を良くすることで、動脈硬化を改善し、勃起不全を改善させれば、セックスは可能なのです。

動脈硬化を改善することで、まだまだ勃起は可能、セックスも可能と言うことです。

※若くても、食生活など生活習慣の乱れや生まれ持った体質で動脈硬化が進み、インポテンツになっている人も同様です。

動脈硬化と勃起不全の関係

陰茎の毛細血管陰茎は、スポンジ状の海綿体と言うもので出来ています。海綿体に血液が送り込まれることで、陰茎は勃起します。

また、陰茎は毛細血管の集まりです。この毛細血管に血液が行きわたらないと勃起しないのです。

動脈硬化により、血管が細くなったり、硬くなったりすると、当然、陰茎に十分に血液が行きわたらないので勃起せず、少ししか行きわたらないと陰茎が十分に固くなりません。

身体の動脈硬化が進んでいる場合、毛細血管の固まりである陰茎に一番最初にダメージがくることがしばしばあります。血液がドロドロだったり、血管が細くなっていたり、血管が詰まっていたりしては、毛細血管まで十分に血液を行き渡らせることができません。

勃起不全は動脈硬化のバロメーターなのです。

しかし、いつまでも男性として輝いていたいと思うのが男の本音。現在、問題のある方も、問題もない方も、血管を若返らせることこそが予防改善につながります。

そこで、このサイトでは、悩み多き40代から50代、60代の男性にとって最新の情報も交えた、有効で的確な情報を提供します。

勃起しない人の場合、何らかの血管の問題を抱えている人が多く、心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすいと言います。

「ただ勃起さえすれば良い」だけの情報ではなく、男性機能障害を含めた色々な病気の予防改善をしながら、男性が輝いて生活を送れるよう応援しています。

食品で体調不良や勃起不全を改善させる

最近、食品成分の科学的分析が進み、食品の持つ力で色々な不調や疾病を改善できることが分かってきました。特にテレビの健康番組では、「納豆」、「玉ねぎ」、「ブロッコリー」、「にんにく」などの食品が、動脈硬化からガンまで予防する可能性があることが分かってきました。

食品で摂る場合は、男性の場合、家族の協力が必要になる人もいると思います。良いとされる食品の効果的な摂り方などをパートナーに良く理解してもらい、協力を仰ぐことが大切です。

独り暮らしの方は、1週間の献立を立て、まとめ買いや冷凍庫を利用し、計画的に勧めていくと途中で挫折することなく続けることができると思います。

しかし、忙しい男性は、食事よりサプリメントで摂った方が効率的です。私は妻の協力が難しく、自分で料理できないので、サプリメントに頼っています。

男性機能障害にぴったりのサプリメントはこれ!

サプリメントで体調不良や勃起不全を改善させる

男性の精力に関わる成分は、食品からも摂取できますが、食品を買い出したり、調理したりするのが大変と言う人も多いです。

また、食品だけではどうしても改善できない場合も多く、その場合は、サプリメントの力を借りる手もあります。

サプリメントの場合、小さな粒に有効成分が高濃度に配合されていることが多く、少ない量で摂ることができます。

医療機関でホルモン補充する前に、まずはサプリメントを試してみると良いですね。

男性機能障害にぴったりのサプリメントはこれ!

医療機関で勃起不全を改善させる

食品やサプリメントでは効果がない、心因性の不調やEDの場合は、医療機関での治療が必要です。病的な不調であれば、心療内科やED外来などで、詳しいカウンセリングを受けた上で薬や認知療法などで改善していきます。男性力ドックに関しては、こちらの記事で紹介しています。

勃起不全サプリメント精力増強サプリメント
30代で勃起不全の方はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ