悪玉コレステロールが高くLH費が2.0以上ある方への新情報

血液検査をすると、中性脂肪、善玉コレステロール、悪玉コレステロールがセットになっています。これらの数値が悪いと、脂質異常と判断されます。

人間の体を動かすには、エネルギーが必要ですが、その物質のひとつが中性脂肪です。中性脂肪は、糖質や炭水化物、動物性脂質を原料として肝臓でつくられます。

必要なエネルギーを消費した後、あまったエネルギーは脂肪として体内に蓄えられます。食物を身体に取り込めな場合には、脂肪を分解し血液中に放出させ、再びエネルギーとして使われます。

コレステロールも脂肪の一つで、細胞膜や性ホルモン、副腎皮質ホルモン、胆汁酸などの原料となる大切なものです。

コレステロールには、悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)がありますが、実はこの2つは同じもので、体内にはコレステロールは1種類しかありません。

コレステロールは、中性脂肪と同様肝臓で作られるのですが、肝臓から全身に栄養を運ぶ「行き」のものを「悪玉コレステロール(LDL)」といい、全身から余ったコレステロールを回収する「戻り」のものを「善玉コレステロール(HDL)」といいます。

行きのコレステロール(悪玉)より、回収のコレステロール(善玉)が少ないと、抹消の動脈の中にコレステロールが溜まってしまい、動脈硬化の原因となってしまうのです。

最近、善玉コレステロール(HDL)や悪玉コレステロール(LDL)が基準値内の数値にあることよりも、悪玉:善玉の比である動脈硬化指数(LH費:LDL/HDL)が注目されていているのは、このような理由からです。

LH費2.0以上

これまでの研究では、LH比が2.0以上になると、血管内のコレステロールの塊が大きくなり、心筋梗塞や脳梗塞の危険性が高まると言われています。LH比が2.5以上の人は、脂質異常として投薬治療が必要な目安となります。

コレステロール値の高い人は、高コレステロールの食品である卵や乳製品などを食べすぎないようにと指導されてきましたが、最新の研究では、食事で摂取するコレステロールの量は、血中コレステロールとはまったく関係がないことが報告されました。

では、どうすれば悪玉コレステロールを減らすことができるのでしょうか。それには、コレステロールを吸着し減らす効果のある食品をとることです。

●悪玉コレステロールを減らす食品として、次のようなものが知られています。

植物性タンパク質(サポニン) 大豆、豆腐、納豆
水溶性食物繊維
(ペクチン、アルギン酸、フコイダン)
海藻、根菜類、きのこ、根菜類
不飽和脂肪酸(DHA、EPA) イワシやアジなどの青魚

男性機能の衰えは、動脈硬化などの血管の老化のサインとも言われています。これらの食品やサプリメントを積極的に摂取して、悪玉コレステロールを減らしたいですね。

勃起不全サプリメント精力増強サプリメント
サブコンテンツ

このページの先頭へ