コーヒーと緑茶が血糖値・血圧を改善 がん研9万人調査

今までも、コーヒーや緑茶を飲むとがんの予防に効果があるなど、色々な研究機関が正式に発表してきました。

今回、国立がん研究センターが発表した内容は、大規模で追跡期間が長いビックデータとして世界から注目を集めています。

コーヒーを5杯以上飲むと

調査対象は、40歳から69歳の健康な男女約9万人で、国立がん研究センターが19年間にわたり追跡調査したものです。

死因と生活習慣の関連の調査で、コーヒーと緑茶の関係

  • コーヒーを1日3~4杯飲む人は、ほとんど飲まない人より死亡リスクが24%減る
  • 緑茶を1日5杯以上飲む人は、1杯未満の人に比べて男性で13%減、女性で17%減
  • コーヒー・緑茶両方で、心疾患・脳血管疾患・呼吸器疾患の危険度が低下

結果、コーヒーや緑茶をたくさん飲んでいる人は、色々な疾病による「死亡リスク全体が低くなる」と言うことが分かりました。

では、それぞれの食品のどの成分がどの様な効果を発揮しているのでしょう。

コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」は血圧の調整、血糖値の改善、抗炎症に効果があると言われ、緑茶に含まれる「カテキン」は、血管内皮の修復や気管支拡張作用があり、このような成分が血管や呼吸器に影響していると言います。「呼吸器疾患の危険度が低下」と言う結果もうなずけますね。

コーヒーの予防効果は、
肝臓がんに対する予防効果 ? ほぼ確実
子宮体がんと結腸がん ? 可能性あり
と言われています。

がん研によると、コーヒーには、がん細胞を増殖させるインスリンの体内濃度を抑える働きがあるようだと言います。

糖尿病の人は、がんになりやすいと言うデータがあるそうですが、糖尿病の人がなりやすいのが、肝臓がん、子宮体がん、結腸がんだと言うことからも、コーヒーは糖尿病予防にも繋がるようです。

緑茶の予防効果は、
女性の胃がん ? ほぼ確実
進行型の前立腺がん ? 可能性あり

飲み方

コーヒーの飲み方は、1日3~4杯程度。5杯以上飲むと心疾患と膀胱がんのリスクが上がるという結果もあるようですので、ほどほどが良いですね。

膀胱がんに関しては、カフェインが代謝されるとき、膀胱の粘膜で酵素が活発に働き、発がん物質を活性化して、がん細胞になるリスクを上げているのではと考えられているそうです。

1日3~4杯を守って飲みたいですね。

緑茶の効能

緑茶の場合は、「濃いお茶をちょこちょこ」飲むと良いようです。埼玉県立がんセンターの研究では、1日10杯以上でがんリスクが低下すると言う調査結果が出ているそうです。

ただし、5杯でも10杯でも効果はあると言うことですので、逆にガブガブ飲むのは良くないそうです。

カテキンは、体内に吸収される量がとても微量で(飲んだ量の1/100以下)、それ以外は、体外に排出されてしまいます。また、体内に残ったカテキンも腎臓ですぐにろ過されるので、体内の残留時間がとても短いそうです。

ですから、緑茶は、ちょこちょく飲むのがよいのですね。

勃起不全サプリメント精力増強サプリメント
サブコンテンツ

このページの先頭へ