おしっこが近い、キレが悪い 前立腺肥大にはノコギリヤシ

50歳を過ぎるころから、おしっこが近くなったり、おしっこのキレが悪くなったと感じる人が出てきます。60歳になると日常生活に支障をきたす人も。

おしっこが垂れる

この症状は、中高年以降の男性に非常に多く、多くの場合、前立腺が肥大することで起こる症状です。

前立腺肥大とは、膀胱の下にある前立腺が肥大し、尿道を圧迫することで排尿障害が起こる病気です。主な原因は老化ですが、前立腺がんや前立腺炎症などもあります。

また排尿障害があるからと言って必ずしも前立腺肥大が原因でないこともありますので、気になる方は一度医療機関で受診した方が安心です。

前立腺肥大は勃起不全(ED)の危険因子

前立腺肥大による排尿障害は、60歳以降の男性に多く、80代では8割の男性が何らかの症状を自覚します。

前立腺と勃起は兄弟みたいなもので何方かに問題があると、その両方に影響が起こる場合があります。

前立腺の治療薬と勃起不全(ED)の治療薬が同じだと言うことでもわかりますね。前立腺の薬であるザルティアは、呼び名が違うだけでEDの薬のシアリスと同じです。

どちらの薬も、陰茎周辺の血管の筋肉に作用し、血流を良くすることで改善させるのが目的です。つまり血管の老化が前立腺肥大にもEDにも繋がるのですね。ここでも血液の流れが重要なカギを握ることが分かります。

前立腺肥大は勃起不全(ED)の危険因子にもなりますので、おしっこの回数や量などが気になる方は、早めに対策を取るとよいですね。

まずは、血流を良くする食品やサプリメントで様子を見ます。血流を良くする成分は色々ありますが、特に前立腺肥大に効果があるとされているのが、「ノコギリヤシ」です。

ノコギリヤシは、北アメリカ南東部の海岸線に生えるヤシ科の植物で、先住民が健康のために摂取してきたものです。

ノコギリヤシに含まれるβ-シトステロールなどが男性の健康に役立つ成分として認められ、多くの男性の改善に一役かっているようです。

ノコギリヤシEX

勃起不全サプリメント精力増強サプリメント
サブコンテンツ

このページの先頭へ