朝起きられない50代60代 寝ても疲れが取れないのは?

朝すっきりと目覚めることができたら、その日は頑張れますね。ところか、朝スッキリと起きられないと1日中頭がさえません。

歳を取ると朝早く目が覚めてしまって困る・・と言う人もいますが、実は50代・60代で朝起きられない人って案外多いのです。

なかなか布団から出ることができず、起きてもヨロヨロしている状態。歯磨きをしてもなんだか元気が出てこない。

こんな人は、体のエネルギーがガス欠を起こしている状態です。なぜ、ガス欠を起こすのか色々な原因がありますが、1つにオルニチンサイクルが正常に動いていないことも考えられます。

オルニチンリサイクル(尿素回路)とは、肝臓が疲労物質のアンモニアを解毒するサイクルです。オルニチンサイクルが滞っているとアンモニアの解毒がうまくいかず、疲れが取れないと言う状態に。

朝起きられない

アンモニアを減らし、このサイクルを円滑にするのが「オルニチン」と言う物質です。

オルニチン。昔の人は、その名前や仕組みは分からなくてもこの解毒作用を促す食品を食べていました。それは、「しじみ」です。

シジミの味噌汁は体に良いと言うことは、1度や2度は聞いたことがあるかもしれません。

しかし、残念ながら食品から摂るオルニチンの量は、ほんのわずかです。疲れを知らない人は、普通の食生活で摂るしじみの味噌汁で事足りるのでしょうね。

しかし、疲れがたまっているような感じ抜けなくて、朝起きられないと言う人は、オルニチンの量を増やしてみるとその結果が分かるかと思います。

朝の目覚めの大切さは、60歳を過ぎると良く分かると言います。

やくみつるさんをご存知ですか?やくさんは、現在56歳ですが、クイズ番組ではクイズ王として何回も優勝するほど頭がさえています。

そんなやくさんも朝が苦手でスッキリ起きられなかったと言います。

何でも覚えている物知りのやくさんが、あの疑い深いやくさんが、飲んでみて効果を実感しているのが、「オルニチン」だと言います。

クイズの回答を見ると、若い人より頭のキレが良く、50代後半になって益々頭が冴えているのではないでしょうか。

エネルギーの補充がうまくいけば、仕事や趣味の他、性生活もうまくいきそうです。

疲れがたまって朝起きられない人は、オルニチンですね。
協和発酵バイオのオルニチン

協和発酵バイオの「オルニチン」は、お試しにはぴったりの500円。送料無料でお支払は、クレジットの他、安心の郵便振替とコンビニ後払いが選べます。

疲れが取れない・朝起きられない 40代女性の事例はこちら

勃起不全サプリメント精力増強サプリメント
サブコンテンツ

このページの先頭へ