朝起きられない50代60代 寝ても疲れが取れないのは?

朝すっきりと目覚めることができたら、その日は頑張れますね。ところか、朝スッキリと起きられないと1日中頭がさえません。

歳を取ると朝早く目が覚めてしまって困る・・と言う人もいますが、実は50代・60代で朝起きられない人って案外多いのです。

なかなか布団から出ることができず、起きてもヨロヨロしている状態。歯磨きをしてもなんだか元気が出てこない。

こんな人は、体のエネルギーがガス欠を起こしている状態かもしれません。

なぜ、ガス欠を起こすのか色々な原因がありますが、1つにオルニチンサイクルが正常に動いていないことも考えられます。

オルニチンリサイクル(尿素回路)とは、肝臓が疲労物質のアンモニアを解毒するサイクルです。

オルニチンサイクルが滞っているとアンモニアの解毒がうまくいかず、疲れが取れないと言う状態になります。

朝起きられない

アンモニアを減らし、このサイクルを円滑にするのが「オルニチン」と言う物質です。

オルニチンとはアミノ酸の一種で、アンモニアを尿素に変えて無毒化する尿素回路(オリニチンリサクル)を構成する物質の1つです。

新たなエネルギーが生まれるのを阻害し、疲労の元の1つであるアンモニアの分解を促進する働きがあります。

オルニチンが増えることで、疲労物質であるアンモニアを分解しますので、オルニチンが不足すると疲労がなかなか取れないと言うことになります。

激しい運動などで発生する有毒なアンモニアは、肝臓の中でオルニチンと反応し、無毒な尿素に変えられます。

普段からなかなか疲れが取れないと言う人は、このオルニチンが不足し、アンモニアを分解できない状態が続いているのかもしれませんね。

オルニチンが含まれる食品

シジミの成分オルチニンオルニチンが多く含まれる食品は、「しじみ」と「ダダ茶豆」です。

昔から、しじみの味噌汁は体に良いと言われているのは、このためですね。

昔の人は、成分や仕組みは分からなくてもこの解毒作用を促す食品を食べていました。

しかし、しじみから摂れるオルニチンはほんのわずか。味噌汁なら何杯も飲まなくてはなりません。

オルニチンを含むサプリメント

疲労回復効果が高く、元気になりたい方は肝臓の働きに注目した「オルニチン」の含まれるサプリメントがおススメです。

疲れがたまって、朝起きられないと言う人は、オルニチンの量を増やしてみるとその結果が分かります。

朝の目覚めの大切さは、50歳を過ぎると実感しますね。


勃起不全サプリメント精力増強サプリメント
サブコンテンツ

このページの先頭へ